So-net無料ブログ作成

便宜を図ってほしい… (憤り) [お子ネタ(悲・怒・困・悩)]

ある日、お子1が帰宅した時、雰囲気が違っていた。

希望した職業には就けたが、
希望する課に配属されることを夢見て頑張ってきた。本人なりに…

そして、移動することがほぼ決まりつつある事を上司から聞いていたお子1は、
仕事の疲れも吹っ飛ぶと喜び日々を送っていたのだが、
この日、衝撃的な話をきかされたのだ。

 

 

「やってみたいなぁ~って言ったら、
父親が『便宜を図ってほしい』って(自分の)上司に言っちゃったらしいの~」

笑いながらそう言った友人Aの言葉をきいて、
お子1の転課希望を知っていた友人Bは、すぐにお子1に教えてくれたそうだ。

そして、その後お子1は上司に呼ばれ、
転課の話は、同じ所に希望者が2人になったので選考からし直す。
と言われたそうだ。

決まってもいないのに浮かれていた、おこ1もおこ1だが…

「やってみたいなぁ~」といっていた友人Aは、
お子1と別な課に転課を希望しており、お子1とそれぞれ希望に向かってお互い頑張ろう!
といっていた仲だったようなのだ。それなのに…
しかも、友人Aの人格は…
はっきり言って友人にはなりたくないタイプのようだった。
お茶くみ、掃除など雑用はお子1にさせておいて、自分がやったとアピールする性格らしく、
その愚痴はよくお子1から聞かされていた。
その友人Aの父親は同じ会社の部長職以上なのだ。

どう、便宜(特別なはからい)を図れというのか…

だから、悔しい想いは強く私にも伝わった。
選考し直すのは仕方ない事はといえ、親のコネを使うのか?!

でも、ここは心を鬼にして、お子1に言った…

「この世界は、親のコネもはばかる世界。
うちにはそのコネは知っての通り全くない。」

だから自分のやるべき事を粛々を実行するのが一番大事なのであって、
ねたみやら恨みのマイナスな気持ちを持って仕事をすべきではない。」

「もし結果的に希望が叶わなかったとしたら、その時期ではなかったのだろう。」

「いずれ、今の自分は前に辛い想いを乗り越えたからあるのだ!
と、思える日が来るから。」

とお子1に言った…

 

そうは言ったものの…親としての歯がゆい想いが、私の中で駆け巡っている。

 

 

 

追記:

その後ですが…
選考の結果、幸いなことに希望がかないそうです。
例の子と言えば…あっけらかんと自分の初めの希望職に
さっさと鞍替えをしたそうです。。。なんだかなぁ~?????

 


nice!(2)  コメント(5) 

nice! 2

コメント 5

youzi

コネって、ムカつきますね。
頑張っているのに、その一言で・・・。
上司もしっかりと今までやってきた事を評価しろよって
言ってやりたくなりますが、やっぱり自分が可愛いから
さらなる上司にはって感じなんですかね。
それにしても、一番ムカつくのは友人Aですね。
きっと、周りからは嫌われている人だと思います。
友人Aの親父も馬鹿親父!!
by youzi (2010-11-16 23:02) 

umeji

*** youziさん ***
nice! をありがとうございます。

この記事は載せていいか、悩みましたが…
私の代わりに怒っていただき、ありがとうございます。
本当に不条理にはムカつきます。
思うようにいかないのが世の中です・・・ね(泣

そんな中、どう生きていくかを問われているような気がします。

by umeji (2010-11-17 12:49) 

みゆき

こういう親父ってどうなんだろう??
いくら自分の娘がかわいくても人事に口を出すのはどうかと思います。
親バカにもほどがある!
私も今までコネなんて無縁で生きてきました。
だからお子1ちゃんにも絶対にこんなバカ親子に負けないで
頑張ってもらいたいです。
by みゆき (2010-11-18 20:10) 

Cocona

残念で情けない事実ですが、現実ですよね、こういう事ってあります。
私もお子1さんに近い経験をしたことがあります。
空しさとか悔しさとかではない表現できない感覚にとらわれるんじゃないかと思うのです。
私の結論は「どうしようもないが現実社会に存在し、コネがある人が実力に関係なくトクをする」という事実を知ることができた、社会経験ひとつ増えた。そう自身を納得させたことでしょうか。
30年以上たちますが、いまだにその人に会うと(同級生だったので数年に一度くらい顔を合わす事もあるのですが)一瞬で30年前の気持ちを思い出します。
だから、忘れたり、消したりはできないでしょうが、お子1さんが「それも事実」とご自分なりの消化ができれば、と願っています。

by Cocona (2010-11-20 17:35) 

umeji

*** みゆきさん ***
応援nice! をありがとうございます。
本当です…
たとえ、私にコネが使えてもしたくない事です。
可愛いからこそ、本人のために見守るのが親ではないかと…?!
まあ、親が進めた道なので後ろめたさがあって
変な応援しているのかもしれませんがね…

と、言えるのも娘の希望がかなったからなのですが、
かなっていなかったら…
もっと嫌な人間になりそうなわたしでした(汗


*** Coconaさん ***
応援メッセージをありがとうございます。

Coconaさんも肌で感じていたのですね。
ぬぐい去れない相手のイメージは、
案外本人は気にしていない事が多々あり。。。
なんだかな~って感じになりますよね。

私も「現実にはある」ことは経験していましたが、
でも、自分は平気だけど、子供のこととなると腹たって…(苦笑
お子1は幸いなことにどうにか希望がかなうようですが、
相手があっけらかんとしているので、
あの時の気持ちは何だったのか…と思っているようです。

友人Aは親のすすめた道に進んだので、
親としては負い目があるのかもしれませんが、
やってはいけないことのような気がします。
反面教師として勉強させて貰いました。


by umeji (2010-12-13 10:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。