So-net無料ブログ作成

人間不信 [自分(悲・怒・困・悩)]

友人と話していて思い出した。

今こそ、お金の返済に苦しみ、大変な思いをしている人がいると思う。 

でも・・・

両親は、小さな会社経営していた人の保証人になっていた。

その人が、夜逃げをし、路頭に迷う従業員をすくうため、
エリートと言われた会社を退職し、退職金でその小さな会社を父は引き継いだ。

1,600万円という 借金と共に…

それが、32年前。

そんな中、やりくりをして姉を短大に、私を4大に行かせてくれた。
私たちも独り立ちし、借金も返す事ができ、年はとったが少しは貯蓄もできた。
年寄り2人が細々ではあるが、暮らすには足りるお金だ。

決して多はなかった貯蓄から、
会社の従業員の友人が困っているという事で、お金を貸した母…
母は借用書を書かせなかったので、いくら貸したかわからない。

葬式に250人も集まった母だ。父の片腕として働いていた母は人望が厚かった。

その友人の返済が滞っていた頃、その母が突然病気で亡くなった。6年前だ。
告知はしていなかったから、貸したお金のことなんて当然聞かなかった。
(聞くどころの状態ではなかった)
従業員は友人から少しずつでも返させると言っている。
と母は亡くなる前、私に教えてくれた事があった。

なのに・・・

母が亡くなってから、その従業員も、その友人もお金の事は一切触れず、返さない。
(私たち家族のだれもが借金の事は知らないと思っていたのだろう)

母の死をいい事に(?)、借金は踏み倒された。

 

そして、父。

一人になった寂しさから、働いていた頃に行っていた飲み屋さんにお金を貸していた。
毎月、返済のため自宅に来てもった時に話をするのが楽しかったようだ。

その父が入院した。

返済は…銀行振り込みにしてもらったが、なかなか振り込んでくれなくなった。
父の代理で私が電話すると、遅くなっても必ず返す、とはいうものの…
反対にお父さんの所へ行ってあげなさい、などなど説教されてしまった。

その父が2年前に亡くなった。

あれから一切、返済はなく、配達証明で手紙も書いた・・・音信不通。
借用書はあるものの、飲み屋の住所と名前だけで、本人の自宅住所も電話番号も分からない。
姉は、かかわり合いたくない、という理由から催促するのをやめた。

 

私と姉は、両親の死を通して人間不信になった。

お金はこんなにも人間を醜くくするのか…

 

そんな想いが、落ち込んでいる時に想い出される。


nice!(2)  コメント(8) 

nice! 2

コメント 8

Cocona

お金はものの見事に人間を醜くします。
でもお金には罪はありませんし、お金そのものは魔物ではないですよね。それが証拠に、お父さんもお母さんも、大事なお金を誰かの助けになると差し出されました。お二人の手元にあった時のお金はきれいで輝いていたことでしょう。
そのような気持ちを平気で踏みにじる人たちがいるのも、哀しいけれど事実です。ご両親の心を思いやると、その人たちに対して憤るという言葉では表せない感情です。
umejiさんは、そんな素晴らしいご両親をもって本当に幸せです。なかなかできません、会社を辞めて経営者がいなくなった借金のある小さな会社を引き継ぐなんて。

わたしは、祖母の相続でおじ、おばという身内の魔物を見てしまいました。umeji さんの気持ち、たぶん、理解できると思っています。

お金は大事です。そしてきれいです。
自分のところにやってきたお金は大事に、きれいに使いたいですね!

by Cocona (2010-01-28 00:09) 

Cocona

umejiさんのお仕事は、タイミングで必ず出会えます
絶対仕事をするぞぉ!て意思をしっかりもって、そして、じっくり、じっくり

by Cocona (2010-01-28 00:16) 

youzi

お金って、怖いなって思いますね。
by youzi (2010-01-28 23:57) 

umeji

*** Coconaさん ***
沢山のコメント、ありがとうございます。
お金に罪はないですよね。たしかにそれを使う人間の問題だと思います。
うちは物心ついた頃は祖父母もいませんでしたので、
身内の醜い面は見ていませんが、よく聞く話ですね。Coconaさんもお辛かった事でしょう。
私はCoconaさんのお話を聞いて、両親が踏み倒す方でなくて良かったと思っています。両親を誇りに想います。
きっと現世で良い事をしたから、次世代は幸せになってくれる事を願っています。そして、生き方を手本にしていきたいと思っています。
私は、ちょっとマイナスな精神状態でした。
Coconaさん、気づかせてくれてありがとうございます。

*** youziさん ***
そうですね。
信じたい気持ちを裏切る、人間の醜い面も見せてくれるものですね。
でも、信じていたかったです。
せめて、自分は筋が通った生き方をしたいです。

by umeji (2010-02-03 23:11) 

みゆき

私は親に子供の頃から「どんなに仲の良い友達でもお金は貸したらあかん。」と
「保証人になったらあかん。」ってずっと言われてました。
でも実際20歳位の頃、友達に色々あってお金を貸してしまいました。
わかっていても頼まれると嫌と言えないお気持ちはよくわかります。
umejiさんのご両親はきっとお優しいご両親だったんですね。
私の場合はほんのちょっとだったので、しばらくして返してもらいましたけど、
本当は友人の為にも貸さない方が良かったのかも知れないって
後から思いました。
by みゆき (2010-02-07 23:39) 

umeji

*** みゆきさん ***
そうですねぇ~親御さんの言うとおりですね。
でも、断れない気持ちもわかります。
私は…貸せるお金は持っていないので(苦笑)
貸せません(これも悲しい?!)
自分の事だったらあきらめもつくのですが、
身内がこんな思いをすると、なんだったのか。。。
悩んじゃいます。
by umeji (2010-02-12 11:16) 

fukumusume

すごく考えさせられました。
いさかいの原因のほとんどがお金にまつわるものといっても過言ではないのでしょうね。


by fukumusume (2010-02-24 11:46) 

umeji

*** fukumusumeさん ***
こんな独り言を受け止めていただいて、ありがとうございます。

そうですねぇ~いさかいの原因・・・
特に相続とかでも身内のいさかいがありますものね。
お金は生活に困らないほどあればいいです。。。
by umeji (2010-03-04 13:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。